登戸駅の整骨院とパーソナルトレーニングならutile整骨院

ご予約
お問い合わせ
LINE
INSTA
足の不調

ジャンパー膝

ジャンプや着地、長い時間走った後に『膝の下(お皿の下)が痛い!!』

今回はこのようなお悩みについて解説させていただきます。

 

ジャンパー膝をご存知でしょうか?

ジャンパー膝(別名:膝蓋腱炎)

ジャンプ動作の繰り返し、長距離のランニング等で膝部(膝蓋腱)にストレスがかかり痛み、腫れ、動作時痛が起こる症状。

膝蓋腱とは→膝蓋骨(膝のお皿)と脛骨(すね骨)の間に存在する腱。

大腿四頭筋と連動して膝を伸ばす働きをします。

 

発生原因

 

◆オーバーユース(使いすぎ、負荷の増大)

オーバーユースにより膝蓋腱に繰り返しのストレスが生じます。

ストレス量が増えると腱に微細損傷が生じ、「痛み」「腫れ」といった炎症症状が発生します。

 

◆柔軟性の低下

・膝蓋腱に関係する「大腿四頭筋」の柔軟性が低下している場合、膝蓋腱への負担が増大し負傷リスクが上がります。

・足首の固さ→足関節の背屈(足先を上へ上げる)動作が制限されると歩行時の踏み込みの際、重心の前傾に制限がかかり後方重心となります。結果、身体が後ろ方向へ傾き大腿部前面が常に伸ばされ膝蓋腱へのストレスとなります。

 

◆筋力低下

「大臀筋」「腸腰筋」「大腿四頭筋」これらの筋力低下が発生すると骨盤後傾となり、大腿前面や膝に伸長ストレスが生じます。

持続的な伸長ストレスが膝蓋腱炎を発生させます。

 

◆姿勢不良

膝前面、大腿部前面に負担がかかる姿勢は負傷リスクが上がります。

ex)

・後ろ重心により、大腿部前面が常に張っている姿勢

・膝が内側へ入りやすい姿勢

→膝の構造上、内側の方が力学的ストレスを受けやすい。

よって膝が内側へ入りやすい方は膝蓋靭帯の内側が伸ばされやすく怪我のリスクが高い。

 

◆運動環境、シューズによる問題

・道路のような地面が固い環境

・高反発シューズ

・長期間使用しインソール、靴底が削れている

 

症状

膝下をに痛みが発生します。

・押すと痛い(圧痛)

・ジャンプ時に痛い

・階段の上り下り

・膝を深く曲げた際

治療

【急性期(受傷直後〜3、4日)】

・安静(テーピング等でサポート、サポーターの着用)

・特殊電気施術(立体動態波)

・アイシング

【亜急性期】

・特殊電気施術(立体動態波)

・手技施術(大腿四頭筋をはじめ患部に関わるポイントの過緊張を軽減します)

・姿勢改善

【回復期】

・手技施術(全身整体にて姿勢をはじめコンディショニングアップ)

・筋力強化

・筋肉の柔軟性向上

utile整骨院の特徴

全身整体はもちろん、特殊電気施術(立体動態波)やトレーニングルームを完備しているため、

怪我の治療から日常生活や競技復帰まですべてサポートを行えます。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

私、小林も膝の痛みに悩まされた経験がございます。

3ヶ月ほどサッカーやランニングができない時期がありました。

辛さを知っているからこそ皆様に寄り添い根本改善に向けて一緒に行なっていきたいと思っております。

お辛さがありましたらご相談ください。

 

utile整骨院 小林 駿介

 

 

【最寄り駅】

「登戸駅 徒歩3分」

「向ヶ丘遊園駅 徒歩4分」

 

【アクセス】

オーケーストア登戸店の隣のビル

一階に美容院「Flap-flap」さんが入っているビルの3階です。

 

【診療時間】

平日21時まで
土日・祝日18時まで

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. R6.4月15日〜17日は休診日となります。

  2. utile整骨院の根本改善とは?

  3. 雨の日 頭痛 「根本原因は?」

PAGE TOP